大谷資料館(巨大地下空間の見学)

大正8年~昭和61年まで70年間かけて大谷石を掘り出して出来た巨大地下空間。その広さは延2万平方メートルにもおよび、野球場が一つ入ってしまう大きさです。坑内の年間平均気温は8℃前後で地下の大きな冷蔵庫といった感じです。戦争中は、地下軍需工場として、戦後は政府米の貯蔵庫として利用され、現在ではコンサートや美術展・結婚式にも利用されています。

宇都宮市大谷町909 ℡028-652-1232
入場料/大人800円・子供400円(小・中学生)
4月〜11月 9:00〜17:00(最終入館16:30)
12月~3月 9:30〜16:30(最終入館16:00)
㊡ 4月~11月は無休
12月~3月は火曜日休館(祝日の場合は翌日)

 

関連記事

  1. 小野口家住宅(国登録有形文化財)

  2. 多気山持宝院(多気不動尊)

  3. 平和観音

  4. 屏風岩(栃木県指定有形文化財)

  5. 大谷景観公園

  6. ROCK SIDE MARKET

  7. カネホン採石場(採石場見学・体験)

  8. 大谷寺(大谷観音)