2024年3月31日(日)「多気山で大声大会と鐘つき体験&野外炊飯(はんごう・ウインナー焼き)・クラフト体験」

今年で3回目となる「多気山大声大会」。
多気山(多気城跡)は日本遺産構成文化財の一つ。みなさんは多気山山頂へ登ったことはありますか?
片道約20分〜30分の軽い山登り! 毎年小さなお子さんたちも登っています。

そんな山頂で、「多気山大声大会」を今年も開催!
大きな声を出した上位3人には、多気山持宝院で御護摩供養して頂いた健康祈願の大きな木札が贈られます!
参加した全員にも、参加証の木札を!ぜひ1年間のお願い事を込めて、お守りにしてくださいね!大声のコメントユーモア賞もお楽しみに!
敷物をしいて桃畑茶屋の団子を食べながら、のんびり楽しみましょう!

山から下りたら多気山持宝院で表彰式と鐘つき体験です!

多気山わくわく広場に戻ったら、キャンプの醍醐味「はんごう」でごはん炊きの準備!
自分たちが使う竹の皿とはしも作るよ!
竹やりに刺したウインナー焼きも、最高においしいよ!
昼ご飯は、はんごうで炊いたご飯とカレー。

最後はクラフト体験で楽しみましょう! 大人は大物を作ってみて!

〈当日の流れ〉
10:00 多気山わくわく広場集合(市営多気山駐車場の横)⇒全員で多気山山頂を目指して歩きます(約30分程度)⇒「多気山大声大会」⇒下山(約30分)⇒多気山持宝院で表彰式と鐘つき体験⇒多気山わくわく広場に戻る(約10分)⇒野外炊飯とクラフト体験⇒15:00解散予定


 

「多気山大声大会」の始まりです。
宇都宮中心部に向かって、自分の抱負や目標、何もなかったら「ヤッホー」でも大丈夫。大きな声で叫びましょう!
測定は一人約10秒間。どんなことを叫ぶかはお家で考えて!
「ママ、愛しているよ~」でも、「成績があがれ〜〜〜〜」でもOK!!
コメントがおもしろかった人には、ユーモア賞も。
※大谷GTメンバーで3月3日、多気山山頂の草刈をしてきますね!

多気山持宝院のご住職から、お護摩祈祷をして頂いた木札を全員にいただきます。
鐘撞の後は法螺貝の音も聞かせてくれるかも・・・。


昨年の1位2位3位とユーモア賞のみなさんです


多気山わくわく広場に戻ったら、まず、最初は焚き木の準備とご飯を食べる竹皿・はしの準備を始めるよ!


野外炊飯では、大谷石の炉に火を起こして、飯盒(はんごう)でご飯を炊きます!
待っている間に、竹の棒にウインナーを刺して炉で焼いて食べよう!

飯ごうから自分の竹皿へご飯を入れて、本部で作るカレーをよそって食べます。


お腹いっぱいになったら、山で見つけてきた枝や葉っぱなどでクラフト体験!
薪や竹をノコギリで切って、表札や小さな飾り棚などもできるかも!
薪割り体験もできます! ついでに、マシュマロも焼いて食べられるかもよ!

自然の中で、一日たっぷりのんびり楽しみましょう!

イベント内容
[日時]2024年3月31日(日)※雨天の場合は4月7日(日)に延期
[時間]10:00~15:00(予定)
[集合場所]市営多気山駐車場の奥にある「多気山わくわく広場」
[持ち物]山登りができる服装(長ズボン・長袖・運動靴)・飲み物・帽子・タオル
[料金]1名につき4500円(大人・子ども同料金)/多気山団子付き・昼食・大声大会・クラフト体験・保険代含む
※2歳以下のお子様は無料(食事・団子は付きません)
[定員]48名(大人・子供含む)※先着順
[最少催行人数]20名
[主催]大谷グリーン・ツーリズム推進協議会
[申し込み]
①希望のイベント名 、参加者全員の②氏名③年齢④住所、④当日連絡のつく代表者の携帯電話番号とメールアドレスを明記して、
直接下記から申し込みください。
申し込みはコチラ

[問合せ]大谷グリーン・ツーリズム推進協議会 事務局
宇都宮市大谷町1249(株式会社とちぎテラス内)
 電話 028-678-2720  fax 028-678-2740
info@oya-gt.jp

 

 

 

関連記事

  1. (終了)2022年10月16日(日)「ぴっちぴっちの枝豆収穫&野外炊飯・ゆで枝豆と竹ポックリを作って遊ぼう・多気山鐘つき体験」

  2. (終了)2023年7月23日・30日(日)「トウモロコシ収穫体験&流しそうめん大会とかき氷・トマトすくい・焼きトウモロコシ・鐘つき体験」

  3. 2024年7月21日・28日(日)「トウモロコシ収穫体験&流しそうめん大会とかき氷・トマトすくい・焼きトウモロコシ・鐘つき体験」

  4. 〈日本遺産・大谷〉100年の眠りから覚めた非公開の石切場跡 “ 洞窟 X” 探検バスツアー

  5. 大谷キャンドルシェード展「瑶炎」

  6. 2024年5月26日(日)「一番大きな新玉ねぎを掘り当てるのは誰だ!&羽釜ごはん・山賊焼き体験と大谷石細工体験」