多気山持宝院(多気不動尊)

弘仁13年(822)勝道上人の高弟・尊鎮法師が馬頭世観音を本尊として堂宇を建立したのが始まりと伝えられています。
建武2年(1335)宇都宮9代城主公綱公により、現在の本尊不動明王が氏家勝山城より遷座され、本尊は秘仏で一年に一度・八朔祭(旧8月1日―現在は9月第1日曜日)にご開帳が行われ多くの人々で賑わいます。北関東36不動尊霊場第18番霊場としても多くの参拝客が参詣します。

宇都宮市田下町563 ℡028(652)1488
御護摩祈願/毎日9:30・10:30・11:30・13:00・14:00・15:00

北関東36不動尊霊場第18番所

関連記事

  1. 屏風岩(栃木県指定有形文化財)

  2. 平和観音

  3. ROCK SIDE MARKET

  4. 大谷資料館(巨大地下空間の見学)

  5. カネホン採石場(採石場見学・体験)

  6. 小野口家住宅(国登録有形文化財)

  7. 大谷寺(大谷観音)

  8. 大谷景観公園